トップページへ

キャスト同士の会話が面白い!タイバニライジング舞台挨拶レポート


ついに今日、映画タイバニ「ライジング」公開ですね (^O^)この時をどれだけ待ち望んでたか・・・!

ですが、まだ本編のネタバレする時期じゃないと思うので、まずはタイバニライジングの特別舞台挨拶「GREETING OF HEROES」の感想を書きます。

 

舞台挨拶はとにかく面白い!!

ライジングは感動モノの映画でしたが、舞台挨拶はとにかく面白かったです!

特に井上剛さん。あれはスカイハイ並の天然っぷりです(笑)

まずはキャスト全員が軽く挨拶します。平田広明さんがブルーローズのセリフをパクってました(笑)

そして、寿美菜子さんがブルーローズの本家決め台詞をもじった挨拶を披露。確か「私のハートはちょっぴりcold、日本の天気も完全cold」だった気がします。

 

平田さんも面白かったですが、何といっても!一番面白かったのは井上剛さんです!

まず、みんなスーツ姿なのに、井上さんの服だけカジュアルでした。完全に浮いてましたね(^_^;

ファンの人から「カジュアルでもいい」というアドバイスを受け、カジュアルにしてきたようです。アドバイスを忠実に実行し、見事にスベる所が、スカイハイと似てます。

「なぜ俺たち(タイバニキャスト陣)に相談しなかった!」とみんなから盛大に突っ込まれてました(笑)

そして井上さん、やけに汗ばんでたり、言葉を噛んだりと、井上さんのもとに笑神様が降りまくりでした。

劇場中央でゲラゲラ笑ってるキモい男を見かけたなら・・・それはきっと私です。

 

後、相変わらず楠大典さんは女の子大好きでしたね。雑誌のインタビューでも女の子の話をしてました。

そして、女の子と言えば、ブルロちゃんのケツを追ってた中村悠一さんや、楓ちゃんについて語ってた岡本信彦さんの話も印象的でした。

確かに!楓ちゃんすっごく色気出てたと思います。ホントに小学生なんですかね?(^_^;

 

そして、個人的に一番盛り上がったなぁ~と感じたのが、中村さんが「ライアンは虎徹とバーナビーのキューピット」と言ってたことでした。

これはネタバレになるので詳しくは書きません。どういうことかは映画を見てのお楽しみで♪

でも、私はすごく納得しました!あれはもう、キューピットですよね~(*^_^*)

あ、そうそう、あの有名な「お姫様だっこ」についての話もありました。

これもネタバレになるので詳しく書きませんが・・・理由を聞くと納得です!その理由に関しては、後ほどネタバレありの記事で書きます。

 

舞台挨拶の締めの言葉で頻繁に言われてたのが「タイバニは繰り返し見て楽しむ映画」でした。

確かに、一度見ただけで「ライジング」の全てを堪能するのは難しいかも(^_^;

とにかく何度も足を運び、心行くまで楽しむ!これこそまさに、「ライジング」の真髄です!

 

※スポンサード リンク



 

余談ですが

私は山形のライブビューイングで舞台挨拶を見ました。山形のライビュは皆さん、静かでした(^_^;他の所もそうなんですかね?

冒頭で「途中で映像が乱れる」みたいなことを言ってましたが、ここでは何事もなく、普通に楽しめました!

 

そして、ざっと初日舞台挨拶ライビュに来た男性を数えてみると・・・大体10人くらいいました。

カップル2組を除いても、結構多かったという印象です(^_^)

ですが、男性ファンのアウェー感は若干ありました。是非!男性の方もタイバニの映画を見て欲しいです!

 

関連記事





<管理人、星月あんこがアニメとかゲームとか色々語ってます>



→ ご注文はメイプルあんこ〜星月あんこが書きたいことを好き勝手に書くブログ〜



最近の更新や目次はこちら






コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ