トップページへ

タイバニの第一話は大体こんな話


まずはキャラ見せ&世界観解説

冒頭の犯人を追うシーンで、各ヒーロー達の個性と、タイバニの世界観が簡潔に描かれています。

セリフやナレーションでガッツリ説明するわけではなく、映像でスッと見せる感じです。

 

ファイヤーエンブレム、ロックバイソン、ドラゴンキッド、ワイルドタイガー、スカイハイ、ブルーローズの順にヒーローが登場。

テンポ良く、サクサクと話が進んでいくので、楽しんで見れます(^_^)

そして、謎のヒーローが登場!無事犯人も捕まり、事件は幕を閉じました。

最初から派手なアクションとスピード感あふれる展開が繰り広げられてました!今後に期待が持てる1話前半です。

 

ヒーローの世界も実はシビア・・・

第一話時点で虎徹が所属しているのは「Top MaG」という会社です。

ヒーローなのに会社に勤めてるというのが、このアニメの斬新な所でもあります。

冒頭の逮捕劇で、虎徹はモノレールの鉄道を壊してしまったので、会社は賠償金を払わなければなりません・・・。

 

虎徹の面倒を見ているベンさんは、物を壊したことに対し、虎徹に説教をします。

ですが、ガーって怒るのではなく、ゆっくりと、諭すような口調で、つい突っ走りがちな虎徹を説得するのです。

まさに、「理想の上司」という印象を受けました。

 

第1話後半では、表彰式、打ち上げパーティと話が進んでいきます。

そして、謎のヒーローの正体もここで明らかになるのです。

 

ニューヒーロー、バーナビー・ブルックスJr.

ジョークが効いたセリフと共に、バーナビーが紹介されます。

彼の登場は、ヒーロー業界に新たな旋風を巻き起こしそうです!

 

ほっこりする、家族との会話

タイバニの見どころの一つが、虎徹とその家族との会話です。

ヒーローとして忙しい日々を送ってる虎徹にとって、楓は唯一の癒やしです(^_^)

そして、数少ない可愛い女性キャラの1人なので、男の私にとっても癒やしです(笑)

その家族が後々デカい活躍をすることになるとは・・・この時はまだ知る由もありません。

 

いきなりの転勤!そしてコンビ結成!!

虎徹が所属していた会社がヒーロー事業部を撤退したため、新しい会社に所属することになります。

色々と不満がある虎徹は、アポロンメディアに精一杯抗議をしますが・・・会社側は強気です。強引に新しい会社の方針に従わされました。

 

そのアポロンメディアのウリは「ヒーロー初のコンビ結成」です。なので、虎徹はある人とコンビを組む事になります。

果たして、そのコンビを組む人は一体誰なのか?・・・まあ、バレバレですけどね(^_^;

 

以上、タイバニ第1話のざっくりとした解説でした。





<管理人、星月あんこがアニメとかゲームとか色々語ってます>



→ ご注文はメイプルあんこ〜星月あんこが書きたいことを好き勝手に書くブログ〜



最近の更新や目次はこちら






コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ