トップページへ

企業ロゴが小さいのに、見切れで企業を宣伝できるのか?


見切れるとは?

1 テレビ放送や演劇で、本来見えてはいけないものが見えてしまう。「裏方スタッフが―・れる」
2 写真や映像で、フレームに人物などの全体が収まらず、一部が切れている。「集合写真で端の人が―・れる」

goo辞書より引用

 

折紙サイクロン的見切れ

折紙サイクロン的には見切れ=スポンサーのアピールです。

なので、上記1を逆手に取って、わざとカメラに映ることで、スポンサーの露出を上げているのです。

 

ですが、私は疑問に思いました。

企業のロゴって小さいのに、テレビに映ることでスポンサーをアピールできるのか?と。

 

こちらをご覧下さい。

折紙さんの華麗な見切れを追うまとめ|TIGER & BUNNY – NAVER まとめ

企業ロゴがほとんど見えないと思います(^_^;

 

折紙サイクロン的スポンサーへのアピール方法

さて、ここからは私の推測も混じりますが・・・どうやってスポンサーに自分の活躍をアピールできるかについて考えてみます。

 

<折紙サイクロンのスポンサーへのアピール>

  • 「見切れ職人」というブランドの確立
  • スポンサーへの忠誠心、自分の人柄を知ってもらう
  • 下手な鉄砲、数撃ちゃ当たる

 

一番重要なのが、「見切れ職人」というブランドです。

折紙サイクロンはヒーローランキング最下位ですが、何度も見切れることによって、隠れた人気を獲得しています。

その結果、折紙サイクロンは「見切れ職人」の称号によって、自分自身をアピールできるのです。

ヒーローのデータには当然、スポンサーが載っているでしょう。あるいは、全体写真でロゴがデカデカと映るので、自分の知名度が上がる=企業の知名度が上がるということになります。

 

スポンサーへの忠誠心や自分の人柄を見せて、スポンサーにアピールするのも効果的だと思います。

見切れにより、「私はこんなに、スポンサー様をアピールしてますよっ!!」という想いを表現するのです。

 

そして、「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」は文字通りの意味です。

例え、1回の見切れで企業のロゴが見えなくても、何回もやることでロゴがドカンと見える可能性がありますね。

 

こんな感じで折紙サイクロンは日々努力しているのだと、私は思います。





<管理人、星月あんこがアニメとかゲームとか色々語ってます>



→ ご注文はメイプルあんこ〜星月あんこが書きたいことを好き勝手に書くブログ〜



最近の更新や目次はこちら






コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ