トップページへ

見切れ職人から真のヒーローへ!折紙サイクロン、イワン・カレリン


映画タイバニ「ライジング」の折紙サイクロンについての記事はこちら

yazirushi2 ライジングのイワンはこちら yazirushi2

 

折紙サイクロンとは

  • ヘリペリデスファイナンスに所属する「見切れ職人」
  • 本名はイワン・カレリン
  • 能力は「擬態」
  • 声を担当してるのは岡本信彦さん
  • 「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-」でのスポンサーはナンジャタウン(遊園地のようなもの)、DMM.com大江戸温泉物語BVC(バンダイビジュアルクラブ)

 

所属企業はヘリペリデスファイナンス

ヘリペリデスファイナンスはシュテルンビルトの金融会社。

CEO(最高経営責任者)は比較的若い男性です(画像はこちら)。

 

※ここから先、ネタバレ注意!

 

 

※スポンサード リンク



 

 

能力は「擬態」

折紙サイクロンは、触れた相手の外見や声を完全にコピーできます。しかし、性格や能力まではコピーできません。

あの忍者風な外見は、擬態の能力からきてるのでしょうか?

また、元の姿に戻る時には「忍」という文字が浮かび上がります。ホント、忍者っぽいですね!

そして、彼女の能力(リンク先ネタバレ注意!)と組み合わせれば、最強になれる気がします 。

 

功績よりスポンサーアピールに燃えるヒーロー

タイバニのヒーロー業界は、スポンサーのおかげで運営できています。なので、ヒーローとして活躍し、スポンサーのご機嫌をとることが重要です。

ですが、犯人逮捕や人命救助のような目立った活躍がなくても、スポンサーのアピールをすることができます。

折紙サイクロンは、ヒーローランキングで最下位にいることが多いですが、スポンサーからの人気は高いです。

地味ながらも頑張ってる姿、かっこいいですよね!

 

その理由は、ヒーロー向きでない能力と自信のなさ

なぜ、こうした地味な活動ばかり行っているのか?その理由は能力にあります。

折紙サイクロンの能力「擬態」は、地味な上、敵のアジトの偵察とかにしか使い道がありません。身体能力は高いのですが・・・。

なので、ランキング最下位の見切れてるだけのヒーローになってしまうのです。

 

ヒーローを育成する学校「ヒーローアカデミー」を訪問する回では、イワン・カレリン(折紙サイクロン)の過去が語られてました。

イワン・カレリンの友人、エドワード・ケディにヒーローの資質がバリバリありました。そのエドワードと比較してしまったので、どんどん自信を失ってしまったのです。

他人と比較して、自分に自信を持てなくなってしまう・・・そんなイワン・カレリンの姿に自分の姿を重ねてしまったこと、ありませんか?

 

エドワードが関係する「あの事件」により、イワン・カレリンは過去に囚われてしまいます。

ですが、虎徹の言葉により、過去の囚われを断ち切り、自信を取り戻しました!

そして、ヒーローとして活動してるうちに、少しずつ成長しております。

スカイハイも上位をキープするために日々頑張ってますが、折紙サイクロンも日々、精進しているのです!

 

正反対な2人、スカイハイと折紙サイクロン

猫背気味でネガティブな折紙サイクロンに対し、天然でポジティブなスカイハイ。まさに正反対な性格です。

ランキングも上位と下位で、大きな差があります。

まるで、出来のいい兄と出来の悪い弟みたいですね(笑)

 

キスの相手はファイヤーエンブレム!?

とある回で、ファイヤーエンブレムに「無事に帰ってきたらキスしてあげるわ」と言われます。

まあ、私は冗談で言ったと思いますが・・・

まさか・・・な(^_^;

 

参考書籍

 

 

TVアニメ「タイバニ」のBD、DVD、まだまだ買えますよ~♪

 

関連記事

 





<管理人、星月あんこがアニメとかゲームとか色々語ってます>



→ ご注文はメイプルあんこ〜星月あんこが書きたいことを好き勝手に書くブログ〜



最近の更新や目次はこちら






コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ