トップページへ

ヒーローはビジネス!デキる男、バーナビー・ブルックスJr.


映画タイバニ「ライジング」のバーナビーについての記事はこちら

yazirushi2 ライジングのバニーちゃんはこちら yazirushi2

 

バーナビー・ブルックスJr.とは?

  • アポロンメディア所属の「スーパールーキー」
  • 他のヒーローと違い、本名で活動している
  • 能力は「ハンドレッドパワー(5ミニッツ100倍パワー)」
  • 声を担当しているのは森田成一さん
  • 「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-」でのスポンサーはBANDAIAmazonクルセイド(カードゲームの会社)です

 

所属企業はアポロンメディア

HERO TVを制作しているOBCを傘下に持つ、メディア関係の会社。

虎徹と同じ会社で、パートナーを組んでいます。

CEOはアルバート・マーベリック。OBCの社長も兼任しています。

 

※ここから先、ネタバレ注意!

 

 

※スポンサード リンク



 

 

合理的で現実主義者。まさにデキるビジネスマンのようなヒーロー

バーナビーは、人間味溢れる虎徹とは対照的で、物事を合理的に考えます。

データを駆使し、状況を事細かに分析し「こうすれば、もっと効率良く行動できる」といったことを常に考えているのです。

ですが、切羽詰まった状況になると、焦って行動に移せなかったり、感情を揺さぶられると我を忘れて暴走してしまう面も(^_^;

能力は虎徹と同じハンドレッドパワーです。ですが、後先考えずに使う虎徹と違い、バーナビーは状況を見て慎重に使います。

 

第一印象は「冷たい人」

バーナビーの第一印象は「冷たい人」でした。ですが、回が進んでいくと、段々と人間味が出てきますね。

そして、虎徹だけでなく、周りのヒーローたちも段々とバーナビーを認めていきます。

若さゆえの、著しい心の成長。そこがバーナビーの魅力ではないでしょうか?

 

クールな態度の奥に秘めた、熱い感情

バーナビーはいつもクールに振る舞ってます。ですが、幼少期のある事件がきっかけで、復讐に燃えております。

手がかりをもとに必死に犯人を探し、復讐することがバーナビーの目標でした。

そのため、復讐が絡む事件にはすこぶる感情的になり、周りを見ずに突っ走ってしまいます!

普段の冷静な態度からは想像つかないくらい、怒りをあらわにしますね!私は凄くびっくりしました!

 

バーナビーと虎徹とは常にぶつかり合う仲間

男は時にケンカし、意見をぶつけ合うことで段々と仲良くなっていきます。ワンピースのような少年漫画でもこういったシーン結構見かけますよね?

壊れた海賊船「ゴーイングメリー号」を巡り、ルフィーとウソップが意見が対立し、ケンカを通り越して戦いにまで発展したのが、私は一番印象に残ってます。

タイバニでもバーナビーと虎徹の意見がすれ違う場面がたくさんあります。そこで少しずつお互いを理解していき、信頼しあい、そして「最高のコンビ」として成長していきます!

 

 

参考書籍

 

 

TVアニメ「タイバニ」のBD、DVD、まだまだ買えますよ~♪

 

関連記事

 





<管理人、星月あんこがアニメとかゲームとか色々語ってます>



→ ご注文はメイプルあんこ〜星月あんこが書きたいことを好き勝手に書くブログ〜



最近の更新や目次はこちら






コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ