トップページへ

タイバニ#1、#2感想 ~虎徹とバーナビーの出会い~


出会いは最悪

「古いな。あなたはもう時代遅れなんですよ、おじさん」

 

虎徹とバーナビーの出会いは、お姫様抱っこでした。これはもう、、強烈な出会いですね!

犯人を逮捕した後、虎徹はヒーローとは顔を隠すものと説教しますが・・・バーナビーに「古いな」と否定されてしまいます。

あげくの果てに、バーナビーは虎徹のことをおじさん呼ばわりです。古くて何が悪い!(笑)

 

不本意ながら、虎徹は会社を移籍。

そして、第一印象最悪な中、虎徹とバーナビーは会社命令でコンビを組まされます。

果たして、この2人は上手くやっていけるのか?不安が残りましたね(^_^;

 

連携も最悪

バーナビーの「仕事としての」ヒーローというスタイルを、虎徹は好きになれないようです。

虎徹は「人を助ける、平和を守る」のがヒーローだと思ってます。虎徹は、バーナビーの考え方を受け入れられません。

虎徹は一生懸命に説教しますが・・・結果は空回り。

しかも、ワイヤーの操作を誤ったため、虎徹とバーナビーはグルグル巻きになってしまいます!

結果的に2人とも助かりましたが・・・バーナビーの虎徹に対する信頼はガタ落ちです(^_^;

 

見返りを求めず、人のために尽くしたい虎徹は、バーナビーの人助けを仕事ととらえている姿を嫌います。

一方、バーナビーは、仕事ができない虎徹を全く信用できません。

お互いの溝は深まってしまいましたね・・・。

 

 

「僕の人生の3分をあなたが無駄にした。一生忘れません」

ホント、友達がいなくなりそうだなぁ(^_^;バーナビーのビジネスマンらしさが出てるセリフです。

 

バーナビーが虎徹の娘の楓を助けた時、虎徹はお礼を言いますが・・・バーナビーはそれを突っぱねます。

ここでも、虎徹とバーナビーの性格の違いが出ていますね。

 

そして、バーナビーは逮捕してポイントにせず、説得して自首させようとする虎徹を「甘い」と言います。

能力がまだ残ってるのに、能力が切れたふりをして、少年に助けさせる。

そんな、いかにもヒーローらしい虎徹の姿を、バーナビーは受け入れられません。

あ、別にバーナビーが悪いって訳じゃないのですが・・・価値観の違いです。

 

ですが、ここからお互いを認め合っていき、コンビとして成長していくのですね(^_^)

最初の険悪さからは想像できないくらい、虎徹とバーナビーは仲良くなっていきます!

 

その他、#1、#2の見どころ

#1は世界観見せ、キャラ紹介が主でした。ブルーローズの曲も最初からお披露目されてます。

あの歌、何気にいい曲ですね!さすが、スフィアの寿さんです!

そして、序盤では貴重な、虎徹と楓のほのぼの会話も聞けます(^_^)

この頃の楓は、まだツンツンモードじゃないので、凄く可愛いです(*^_^*)

 

#2では、やけに自己主張したがるメカニック、斎藤さんが登場。

嫌味で、オタクっぽい感じの人ですが、彼は後々大活躍します!

NEXTに対する偏見も、この回で出てきてます。その偏見が、ジェイクやロトワングの考え方のもとになっているのですね・・・。

ところで、結局レジェンドの能力って何なのでしょうか?私、気になります!





<管理人、星月あんこがアニメとかゲームとか色々語ってます>



→ ご注文はメイプルあんこ〜星月あんこが書きたいことを好き勝手に書くブログ〜



最近の更新や目次はこちら






コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ