トップページへ

バーナビーのダイナミックな直帰!ハンサムエスケープ


ハンサムエスケープとは?

タイバニ第9話、及び第19話での、バーナビーの行動のことです。

あの行動を見て、つい吹き出してしまったタイバニファンも多いのではないでしょうか?

 

ハンサムエスケープの初登場は第9話

市長の息子、サムが3人のネクストに誘拐されます。

サムを助けるため、虎徹とバーナビーが救出に向かい、一緒に捕まっていたドラゴンキッドも犯人と戦う事に。

3人の活躍で無事、犯人を捕まえますが・・・炎の中で、虎徹はバーナビーに向け「俺かっこいい?」的なポーズをし、敵の銃を構えます。

それを見たバーナビーは、過去の事件を思い出し、頭を抱えた後、叫びながら空高くジャンプ!天井の大穴から飛び出してしまいました・・・。

 

その後、何事も無かったかのように話は進み、Cパートでは、しれっと自宅に帰っていたバーナビーが登場するのです(^_^;

 

脚本家の西田征史さんが、2クール目にハンサムエスケープが出ることを明言

西田征史さんのブログにて、ハンサムエスケープが2クール目にも出てくると予告してました。

「9話と同じように何か事件絡みのショックを受けた状態で飛ぶのでは?」と考察されてましたが・・・フタを開けてみれば、全く違ったタイミングで飛んでましたね(^_^;

 

ハンサムエスケープ、再び!

唐突なタイミングでの登場によって、たくさんのタイバニファンの笑いを誘ったハンサムエスケープ。第19話で再登場します。

 

ヒーローをやめることをバーナビーに中々切り出せない虎徹は、虎徹の母や娘に急かされてしまいます。

その家族との会話を偶然聞いてしまったバーナビーは、虎徹がヒーローをやめようとしてることを知ってしまうのです。

虎徹とバーナビーは大げんかし、段々とシリアスな展開になっていきます。

勢い余って、虎徹がバーナビーに平手打ちをしてしまった次の瞬間・・・ハンサムエスケープが再登場!

虎徹に対する怒りを静かに燃やしつつ、スッと立ち去ってしまいました。

 

ハンサムエスケープの名前の由来

ハンサムエスケープの名前の由来は、ブルーローズの回避技(?)キューティーエスケープから来てます。

バーナビーがハンサムだから、ハンサムエスケープですね(^_^)

 

ダイナミック直帰とは?

ハンサムエスケープは「ダイナミック直帰」とも呼ばれます。

第9話放送後、タイバニファンの間で「もしかして、あのまま直帰したのではないか?」という推測が広まったことから、名付けられた別名です。

ちなみに、タイバニの公式ガイドブック、HERO gossips(ヒーローゴシップス)で、バーナビーのあの行動が「直帰」であることが判明しました。

 

<参考>
ハンサムエスケープとは (ハンサムエスケープとは) [単語記事] – ニコニコ大百科
ハンサムエスケープ (はんさむえすけーぷ)とは【ピクシブ百科事典】

 

関連記事





<管理人、星月あんこがアニメとかゲームとか色々語ってます>



→ ご注文はメイプルあんこ〜星月あんこが書きたいことを好き勝手に書くブログ〜



最近の更新や目次はこちら






コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ